QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


源氏物語 千年の謎(1巻)/宮城とおこ 感想 

※ 源氏物語の知識は大和和紀の漫画「あさきゆめみし」を読んだ程度(しかもうろ覚え)です。
  否定的な感想になっています。好きな方はご注意ください。

源氏物語 千年の謎 第1巻 (あすかコミックスDX)源氏物語 千年の謎 第1巻 (あすかコミックスDX)
(2011/03/26)
宮城 とおこ

商品詳細を見る
源氏物語~千年の謎~/宮城とおこ/1~/ASUKA連載中/妖怪・怨霊/平安時代

公式ページにて第1話と第2話の導入部を読むことが出来ます:http://asuka-web.jp/work/genji.html
“光源氏”に託した紫式部の秘めたる想い…新感覚の「源氏物語」!!
藤原道長に頼まれ、彰子の世話役として御所に迎え入れられた紫式部は、彰子中宮のために、雅で官能的な絶世の美男子の物語「源氏物語」を紡ぎ始める。
――輝くばかりの美貌と才能を持つ光源氏。
藤壺への深い愛を抱きながら、六条御息所、夕顔、葵の上との交わりの中で光源氏は女たちが放つ「嫉妬」という名の魔物に翻弄されていく。
やがてその魔物は形をなし、紫式部自身の心と繋がり、紫式部を取り巻く藤原道長や安倍晴明にまで影響を及ぼすことに――。


宮城とおこさんのファン+源氏物語ということで購入。
12月に映画が公開されるそうなのでその事前勉強として、また宮城とおこさんのファンで、表紙のイラスト買いなら買ってもいいのではないかと思いますが、あまりおすすめはしません。
源氏物語が読みたい方、背表紙の粗筋で不安を感じた方、創作度100%の紫式部と藤原道長の関係が許容できない方は回避された方が良いかと思います。

ネタバレ感想
この漫画は、タイトルこそ「源氏物語」と付いていますが、実際は源氏物語と紫式部自信の恋物語という2通りのストーリーを追っています。
収録されているのは全5話で、この内1・3~5話が源氏物語+紫式部と藤原道長の関係(2人の関係が源氏物語のストーリーに影響)、2話のみ紫式部の回想という形になります。

「源氏物語」のコミカライズ
まず目当てだった「源氏物語」。登場する女性は「藤壺の宮」「葵の上」「六条御息所」「夕顔」の4人で、それぞれを中心に1話という構成になっています。
一応原作通りの流れではあるのですが、源氏物語自体がこの単行本の半分程(90ページ)なので、かなり飛ばし気味の作りになっています。
夕顔に至っては4話で出会って次のページで事後描写、5話冒頭で死亡。大した余韻もなくそのまま藤壺の宮と肌を重ねます。
原作でも大概手の早い光源氏ですが、展開が展開なのでやたらと女性と致している描写が多くなっています。
宮城とおこさんの作品でこういった場面があるのは珍しいですが、無理にそういった描写を入れるより、歌を送りあう場面などを入れた方が雰囲気が出ていいのではと思ったりも。
また後述しますが紫式部の方も絡みがあるので、映画化の際には濡れ場が(無駄に)多くなりそうなのも気になりました。

紫式部と藤原道長
各話の「源氏物語」前後に紫式部の御所での生活が描かれ、その心理が六条御息所などの登場人物に影響しています。それ自体は少し変わってはいるものの面白く感じました。
が、2話で過去道長に×××され(ASUKA連載ではっきりこういった描写があるのは初めて見た気が)、その後紫式部が道長に対して憎悪とも愛情とも付かない思いを抱いているというのが、唐突過ぎて受け入れづらく感じました。
なお、登場人物は実在の人ばかりですが、時代考証などは基本的に無視されています。紫式部近辺が完全に創作なので私自身はあまり気になりませんでしたが、気になる方は気になるかもしれません。

面白かったのは、安部晴明が思いのほか活躍していたところです。
道長を襲う生霊(完全に鬼と化していましたが)と闘うため十二天将召還、はびこる怨霊を真言で撃破。
特に召還シーンは、別の漫画と化しているほど格好良いです。
下手に心理描写がないこともあって、キャラクターとしても一番安部晴明が魅力的に感じました。
ただ「源氏物語」というタイトルで、安部晴明の活躍を期待して購入する人がどれだけいるかというと???

おすすめはしづらいですが、どういう風にまとめるのかちょっと気になる作品でした。

※4月18日
拍手にてお教えいただき、藤壺中宮となっていた所を藤壺の宮に修正いたしました。コメントありがとうございました。
関連記事


この記事へのコメント

この記事へコメントする














この記事へのトラックバック

-- 源氏物語 千年の謎(1巻)/宮城とおこ 感想 --2次元侵略され日記 ...
最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。