QLOOKアクセス解析

WEB擬人化漫画:蒼い世界の中心で/画:クリムゾン,原作: アナスタシア・シェスタコワ 

蒼い世界の中心で 完全版1 (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)蒼い世界の中心で 完全版1 (マイクロマガジン・コミックス) (マイクロマガジン☆コミックス)
(2010/05/28)
クリムゾンアナスタシア・シェスタコワ

商品詳細を見る
前々回紹介したゲームハード&メーカー擬人化ゲーム『超次元ゲイム ネプテューヌ』ゲームハード&メーカー擬人化ゲーム『超次元ゲイム ネプテューヌ』同様、ゲームハード&メーカー擬人化漫画です。
しかしこの漫画は完全硬派ファンタジー。
ゲーム擬人化という一見萌えでコミカルな印象を覆す、シリアスな国家間の争いを繰り広げます。
というか、セグア国の少年ギアが、ニンテルド帝国と闘うという時点で分かる人には分かるというか鬱展開しかないというか・・・。

セグア国にあるマクスリ村出身のスピード自慢少年、ギア。
戦争の影響で村を失くした彼は、同じ境遇の弟分ティルや義妹ネルとともに暮らしながら、ニンテルドへの復讐に闘志を燃やしていた。
ある日ギアは道に落ちていた黒十字印のナイフを発見し、ニンテルド軍がすぐ近くにきていることを察知する。
しかし今までの気迫とは裏腹に心がすくんでしまって、前へ踏み出せないままでいた。
ティルはそんなギアを一蹴し、ひとりニンテルド軍へと向かっていくが……。


WEB連載作品「蒼い世界の中心で」。上記の本はWEB連載分を単行本化したものになります。
WEB漫画ならではのラフさがありますが、完全版だと加筆修正ありとのこと。私はWEB派なのですがちょっと気になりました。

ストーリーは前述した通り硬派。戦乱の中の主人公成長物として普通に読める良作です。
作品自体も長く、第一部Mk3編、第二部MD編、第三部ED編と続いて現在31話までが公開されています。
敵も味方も濃い個性的なキャラが多く、特に某超人気ゲームの擬人化キャラはかなり壊れたことになっています。
絵はエロ同人で有名なクリムゾン。特にエロ描写が多いというわけではないのですが、フェロモン多めの女戦士などが登場します。
ファンタジー中心に活躍されている方なので、女性陣はもちろん、男性陣やモンスターも上手く、特にアクションシーンは魅力的。

擬人化ネタはかなり濃いめで、しかもキャラの名前をひねったり、元ネタ自体がマイナーだったりと、自分のようなライトゲーマーだとネタ元が分からないことも多いです。
私の場合、漫画を読む→検証サイトで確認→ゲームを検索、という流れでよんだので、読むのにとても時間が掛かりました。
参考「蒼い世界の中心で元ネタ検証ブログ」:http://aoisekaino101.blog103.fc2.com/

元ネタはよくわからないのですが、初ハードがSEGAのゲームギアで、好きゲーがソニック・ザ・ヘッジホッグ2だった自分としては、やはりギアを応援せずにはいられません。
任天堂の前になすすべもなくやられた電池持たない、でかい、重いの、三重苦のハードでしたが、初めて買ったゲームだったので愛着がありました。

公式ホームぺージでは漫画連載以外にも様々な企画がされているので、ゲームハード擬人化というのにピンと来た方はぜひご覧ください。
『蒼い世界の中心で』公式サイト:http://oab.sakura.ne.jp/gia/index.shtml
関連記事


この記事へのコメント

この記事へコメントする














最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数: