QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドリーズパーティー(1)/山本和生 感想 

ドリーズパーティー 1巻 (ヤングキングコミックス)ドリーズパーティー 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2010/04/26)
山本 和生

商品詳細を見る
ドリーズパーティー/山本和生/1~/ヤングキング連載(現在は携帯コミックで連載中)/TSF/女体化(脳移植?)

天才メガネ美人サイエンティストであるドリー・シロマの診療所を訪れたのは、掟破りの殺し屋たち! 
瀕死の剣士・アーロンを救う事で奇妙な同居生活が始まった!?

少年画報社のHPで立ち読みが出来ます:http://www.shonengahosha.jp/books/200164-01/index.html

スラム街の天才マッドサイエンティスト・ドリーが、不死身の肉体を持つ「病」に感染したアーロンを救うところから始まる物語。
――というと真面目な漫画のようですが、実際は邪悪な笑顔が似合うマッドサイエンティストなのに意外と人がいいドリー先生、マッチョに変身する美少年s、元・殺し屋の3馬鹿トリオと濃いキャラ揃いの楽しい作品です。

特に剣士アーロンは、いかにもダーク設定持ち(というか実際そうだと思うのですが)という登場だったのに、1話目であっさり美少女化、その後はドリーに弄られ、3馬鹿にからかわれと、すっかりコメディ担当に。
女の子時の姿は、2つ結びにプリースト風ナース服で身を包んだ可愛い女の子。ドリー先生のセクシー下着を強制されて、涙目でぷるぷる震えてしまいます。
かと思えばアクションシーンでは、大男もブチ倒す大立ち回り。軽いサービスシーンも交えつつも、ぎりぎりのところでヒーローっぽさを残しているTS少女です。

周囲のアーロンの扱い方も好きでした。どんなに可愛くても中身は男。エロイシーンで鼻血を吹いても、あくまで「男」として扱っているところが良かったです。
女の子という遠慮がないせいで、セクハラ発言の方も直球なものが多くなっているのも良かったです(笑)

ところでこの本TSFということで紹介していますが、TSしたアーロンが主役というわけではないと思います。
今後のストーリーを考えるとアーロンが主人公ではあると思うのですが、1巻ではあまり心情が描かれず、むしろ性転換の張本人・ドリーの方が目立っていました。
バトルシーンも多いですし、女体化後をじっくり丁寧に描くというのが好きな方には物足りないかもしれません。
ただアーロンは見た目も可愛いし(特に照れ顔!)、性格もそっけないものの仲間想いで、個人的には買って良かったと思える漫画でした。
特にラストの方に収録されている「Underware Story」は、恥ずかしがって下着をつけないアーロンの下着選びという直球内容で面白かったです。

現在はヤングキングでの連載を終了し、ケータイ・デジタル配信雑誌「ヤングキングα(アルファ)」で連載中。
2巻も秋には発売ということで、今から楽しみです。

関連記事:ドリーズパーティー(2)/山本和生 感想
関連記事


この記事へのコメント

この記事へコメントする














最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。