QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒×羊~12人の優しい殺し屋~(2)/木根ヲサム 感想 


黒×羊~12人の優しい殺し屋~/木根ヲサム/1~2/月刊!スピリッツ連載中/TSF(変身?)/女体化?/女装/サスペンス

演劇の神に選ばれし天才演技派俳優・角坂翔。彼の隠されたもう一つの顔とは――“殺し屋"!
法で裁けぬ悪を断罪する、トランスフォーメーション・サスペンス!!
(小学館HPより)

"死神は、亡者の姿で現れる――"
角坂翔 職業・俳優。そして殺し屋。伝説の名俳優・征眩晴(ゆきくれはる)の死には秘密がある。
眩晴の妹・真依に、かつての兄の親友・金剛はそう告げる。 真依、金剛、そして眩晴の母。
彼らの前に、角坂が死者の姿を纏って現れるとき、隠された真実が明らかに……!
(裏表紙あらすじより)

俳優、兼殺し屋の主人公・角坂翔(表紙参照)が、性別を超えて姿を変えながら、次々と殺人を犯していくサスペンス作品です。
第2巻では前作の続き、謎の死を遂げた名俳優と彼の友人、そして俳優の妹・真依とその母が物語の中心になります。
依頼された殺人自体は容易く遂げられるのですが、その後翔を疑う刑事が登場したり、翔に恋心を抱くモデルが現れたりと、物語が次第に進展を見せていきます。
ミステリー・サスペンスといった色は薄いですが、きつい印象の絵柄に加え、張り巡らされた謎と隠された過去によって、独特の緊迫感が醸し出されています。
ただ一番の謎は、"女性向け"と思われる『12人の優しい殺し屋』が、青年誌のスピリッツで連載されていることだと思いますが。
KONAMI公式サイトリンク:http://12x.i-revo.jp/

ところで主人公の変身について、2巻収録の『scene.04 訪問者』で、別のキャラからはっきりと『女装』と断言されていました。
そんな主人公の女装姿↓
黒羊女体化?画像
――――どう見ても女体化です。
ちなみにこの画像だと分かりづらいのですが、ターゲットに迫るシーンなどはちゃんと女性的で可愛らしかったです。
ただ1巻だと計3回、ページ数もかなり多く変身していたのですが、2巻では1回だけの7ページのみ。
漫画としては面白いのですが、女体化目当てだとちょっと物足りないかもしれません。

そして1巻から登場していた謎の美少女ですが、今回男の子だったと判明しました。
黒羊女装画像
本人いわく、自分に似合う服を追求したら自然に女装になっただけで、別に女装が趣味ではないとのこと。
見た目はどこから見ても美少女ですが、性格はしっかり男の子。2巻では花魁女装のほか、ゴスロリ姿も披露してくれます。
ちなみに女装っ娘の着物をめくっているのが、女体化前の主人公です。

2巻はTSF目当ての方には少し微妙な内容でしたが、1巻の雰囲気が気に入った方、殺し屋がテーマの作品が好きな方にはお勧めです。

関連記事
黒×羊~12人の優しい殺し屋~ 1巻/木根ヲサム 感想
黒×羊~12人の優しい殺し屋~(3)/木根ヲサム 感想
黒×羊~12人の優しい殺し屋~(4)/木根ヲサム 感想
まつろはぬもの~鬼の渡る古道~/木根ヲサム 感想
和風ホラー作品。死んだ人間の姿と感情をコピーし、男にも女にも変化する化け物が登場します。
関連記事


この記事へのコメント

この記事へコメントする














最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。