QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ななし奇聞(全1巻)/永尾まる 感想 

ななし奇聞 (CROWN SERIES)ななし奇聞 (CROWN SERIES)
(2007/03/26)
永尾 まる

商品詳細を見る
ななし奇聞/永尾まる/全1巻/コミッククラウンシリーズ発行/妖怪/女装/獣人妖怪紹介ページで猫又・妖狐の解説)/BL注意

妖怪がまだ、となりにいた頃のおはなし。
描き下ろし「ななし奇聞」をはじめ、不思議な力を持つ絵師の七篠が旅の先々で出会う、人間と妖怪達との心温まるエピソード8編を収録。
(帯紹介文より)

時代はそろそろ幕末も終わろうかという頃のこと。人々の中には未だ妖怪が身近な存在として息づいていた。
不思議な力を持つ絵師の七篠が描いた絵には、時折妖怪が引き寄せられることがあるという。その一枚をもらったお美代は、決して目を書き込んではいけないと言われたにもかかわらず、ついつい豆犬の絵に目を描き込んでしまうのだったが……?
(コミッククラウン紹介より)

妖怪絵師の青年七篠が出会う妖怪達の妖怪奇譚。全8篇で各話中心となる妖怪が一種類ずつ登場します。
各話タイトルは以下の通りですが、背景の百鬼夜行等、タイトルにない妖怪も複数登場します。

第一話 ななし奇聞(鯉・犬の妖怪)
第二話 飛び首
第三話 つくも(付喪神)
第四話 ひとつ(一つ目)
第五話 待ちびと(鬼)
第六・七話 くだの(管狐)
第八話 泣き虫されこうべ
おまけ あやかし散歩(猫又・狐・幽霊・天狗の解説) 
この内の一話は男に捨てられ化け物と化した男妾の話で、一話を通して女装しています。

絵柄や雰囲気は、他の方の作品ですが、『蟲師』(漆原友紀)を、明るくコミカルにしたものをイメージしてくださると近いかと思います。
同人誌の作品ということですが、内容は現在「ねこぱんち」で連載している『猫絵十兵衛御伽草紙』と遜色ありません。丁寧な絵柄と、不気味なのにどこかにくめない妖怪たちが魅力的な妖怪漫画です。
また、近すぎず遠すぎず、優しい視線であやかしに触れる主人公・七篠と妖怪たちのやり取りに、ほっこりした気持ちなれる作品でした。

収録作はどれも面白かったのですが、私はおっちょこちょいなせいで百鬼夜行にいつも遅れてしまう盃と少年のやりとりがほほえましい「つくも」と、一つ目が本当で、二つ目があやかしの世界を描いた奇妙な雰囲気の作品・「ひとつ」が特に好きでした。
また同人誌の自由さか、途中に4コマ漫画が混ざるのも面白かったです。

妖怪漫画が好きな方にはぜひお勧めしたい作品なのですが、第5話「待ちびと」と第6・7話「くだの」にちょこちょこ主人公と旅館の主人のBLネタが含まれるのが気になりました。
それほど描写はありませんが、BLネタが苦手だという方は5~7話は注意されたほうが良いかもしれません。

1/4追記:中身は同人誌で連載されていたものですが、この本自体は一般で販売されている単行本になります。ややこしい書きかたですみません。

関連記事:開花あやし事件帖(全1巻)/永尾まる 感想
関連記事


この記事へのコメント

面白そうですが
同人誌ということは手に入りずらそうですね

以前としてマンガ読めてないので今度の休みはネカフェに行ってきます。
> runa.love さん
お仕事お疲れ様です。
> 同人誌ということは手に入りずらそうですね
同人誌ではないですよ~。出版社の司書房から発行しているクラウンシリーズという商業本です。
シリーズといっても萌え4コマやら百合、バトルものと、人気のある同人誌を手当たり次第拾ってるようなので統一性は無いのですが…。
ネカフェは私も大好きで、よく行きます(笑)
現在一部がねこぱんちなどで掲載されてますよね!
ななし奇聞も大好きでコミックが欲しいのですが、ネットで検索すると現在は絶版のため入手が困難になっているみたいです。
他の永尾先生の作品は買い続けていますがこれだけがどうしても新品で手に入らないのが残念で仕方ありません><
中古で最低4千円からなので悩んでしまいます。。。
発売当時にはまだ知らなかったのが残念すぎます。苦笑
定価とはいかないまでももう少し手を出しやすい値段で購入出来る所があると嬉しいのですがね^^;
> RED-KING さん
私も永尾さんの漫画大好きです!
偶然コンビニで見かけたねこぱんちに掲載されていた「猫絵十兵衛御伽草紙」ですっかり嵌ってしまいました。
その頃にはもう廃刊になっていたので、しつこく古本屋めぐりして見つけました。
しかし良い漫画とは思いますが、4千円はちょっと高いと思います;

> 定価とはいかないまでももう少し手を出しやすい値段で購入出来る所があると嬉しいのですがね^^;
このことですが、「ななし奇聞」1月24日に再版されるそうですよ!
出版社も角川に移動ということで純粋な再版ではないようなのですが、
折角なら古本を買うよりもそちらを待たれるのをおすすめします(^_^)v



この記事へコメントする














最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。