QLOOKアクセス解析

Present for me/石黒正数 感想 

Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
(2007/08/03)
石黒 正数

商品詳細を見る
Present for me/石黒正数/短編集/コミックフラッパー掲載(「泰蔵のヘルメット」は未掲載、「ヒーロー」はアフタヌーンシーズン増刊掲載)/SF/ロボット/超能力

収録作品
「ススメ サイキック少年団」 研究所に集められた超能力少年少女の生き残りをかけたサバイバル(誇張有り)
「Present for me」 何千年か、もしかしたら何百年か後の未来の地球。ロボットと少女の物語。
「なげなわマン」 リストラされた男の第2の人生・・・それはヒーロー!!
「カウントダウン」 恐るべき人類滅亡を描く、弱小貧乏映研の話。
「バーバラ」 不思議な動物を連れた魔女っ子と、突然同居することになって!?
「泰造のヘルメット」 ヘルメットの話。
「ヒーロー」 ヒーローもの。
サイエンス・フィクションというより「少し不思議」なSFショートショートでした。

感想
「それでも町は廻っている」のファンなのですが、表紙から重苦しい話かと思い敬遠していました。
が、意外や意外というか当然の結果というか、読んでみると作者さんが同じであるということを実感しました。
設定はSF・不思議系が多いものの、独特のコメディタッチな描かれ方で日常コメディを読んでいるかのような錯覚に陥ります。
そしてその中でももっとも好きになったのは、暗いかと敬遠していた表題作「Present for me」でした。

「Present for me」(24ページ)
この作品に登場するのは、人間的な容姿を持つアンドロイドではなくロボットです。
このロボットと人間の対比が上手い。人のように話すロボットと、言葉を持たない少女の見せ方がたまらなく上手いのです。
世界は滅び、人の姿すら見えない砂の星。そこにいるのは電池で動く壊れかけのロボット。
どこからどう見ても人間ではない「それ」の口から紡がれるのは、多くの人間たちの記憶と人間的な言葉。
一方、本物の「人間」である少女は、ロボットを分解する間さえ言葉を話すことはありません。

胸を締め付けられる感覚が堪りません。ロボット+少女+近未来という設定が好きな方、優しく泣ける作品が読みたい方は、是非ご覧ください。

その他の作品感想
「ススメ サイキック少年団」(26ページ)
いきなり研究所がぶっ飛ぶところから始まります。人も殺せる超能力ものなのですが、緊張感が全く漂わないのがむしろ素晴らしい。
「なげなわマン」 (18ページ)
粗筋通り。主人公変身後がサ○ーちゃんのパパに見えます。
「カウントダウン」 (20ページ)
『人類滅亡』をテーマにしたのネタが思いつかず、いっそその試行錯誤を漫画にしてしまおう!というわけで描かれたこの作品。
この短編集の特殊性を象徴するような作品だと思いました。取り合えず最後までどうぞ。
「バーバラ」 (8ページ)
魔女っ子もののアンチテーゼと読めないこともない(笑)
「泰造のヘルメット」(20ページ)
ヘルメットの話。やっぱり馬鹿話。
「ヒーロー」(31ページ)
怪人解散とヒーローの進学問題。ヒーローものではあるのですが、妙に地に足が着いた雰囲気が面白くもあり切なくもあり。
関連記事


この記事へのコメント

この記事へコメントする














最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数: