QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少年AR(全1巻)/東山和子 感想 

コミックZERO-SUMにて連載されていた「少年AR」という作品が、クトゥルフ神話を背景にしたオカルトミステリーです。
現在コミックBRADEにて妖怪推理活劇「tactics」を描かれている木下さくら・東山和子の内、東山和子個人名義の作品になります。
少年AR (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)少年AR (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2008/02/25)
東山 和子

商品詳細を見る
少年AR/東山和子/全1巻/クトゥルフ神話/オカルト/ミステリー

東山和子が描くミステリアスファンタジー、待望のコミックス化!!
契約を守る、覚悟はあるかい?


地球の歴史上の叡智・用具・動物、果ては神・悪魔・幻獣まで様々な本が保管されている「ミスカトニック図書館」。
特殊な手順で図書館の「本」を手に入れた人々は、時に本に魅入られ様々な事件を引き起こしていく。
この物語はミスカトニック図書館の司書である少年・高千穂が、図書館から貸出された本を回収していくストーリーです。

話の中心となる「ミスカトニック図書館」を初め、貸し出される本に捉えられた魔物達(どの本にも人を食らう魔物が封印されている)などが「クトゥルフ神話」から取られています。
同作者さんの「tactics」ほど民俗学・神話などの話は出てきませんが、図書館の設定、魔物達が引き起こす陰惨な事件は面白く、紛れ込んでくる流血・人食いの描写が、奇妙に軽く描かれているのもまた薄気味悪く感じました。
設定もですが、話自体も面白く主人公である高千穂も魅力的です。

収録されているのは、第一話が高千穂に恋のまじないをかける少女の話、第二話が仲の良い夫婦とファザコンの少年の話。
そして第三話から六話が、奇妙な夢を見る作家の女性と、「ミスカトニック図書館」から脱走した魔物の話になります。
私が面白かったのは第二話で、ハッピーエンド?の後味の悪さがたまらなかったです。

とても面白い漫画なのですが、残念だったことも一つ。
ストーリー・設定ともに文句なしなのですが、折角の設定・キャラクターなのに全1巻で終わってしまっているのが本当に残念です。
あとがきに今後も書いていきたいというような文があり、また元々1話読みきりで描かれていた作品なので期待もしていたのですが、2011年現段階で音沙汰無し。本当に勿体無いです。

読み足りない感じはありましたが、どこか後味の悪いハッピーエンドやクトゥルフネタが好きな方におすすめです。
関連記事


この記事へのコメント

この記事へコメントする














最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。