QLOOKアクセス解析
妖怪・怪物・神様の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WEB掲載妖怪読切:左目の赤いきつね/深代千唐 感想 

クラブサンデー掲載の読切「左目の赤いきつね/深代千唐」が、妖怪・鵺と妖怪と人間のハーフが登場する作品でした。
左目の赤いきつね/深代千唐/クラブサンデー掲載/妖怪/読切
掲載ページ:http://club.shogakukan.co.jp/magazine/SH_CSNDY/hidarimeno_001/detail/
ざらめ町にいる左目の赤いきつね…その正体はヨウカンという探し屋。
だがこの探し屋、ひと癖もふた癖もあって…? 鬼才が描くファンタジーコメディー!!


最近サンデー含め、新人作品でワンピース風の絵柄が流行っている(?)ような気がするのですが、この作品もワンピース(+バスタード)風の絵柄。
というか線がはっきりしていてやたらと大口開けていると、全部ワンピースに見えてしまう…。
ただこの手の絵柄には珍しく、妖怪が登場するファンタジーだったのは以外で面白かったです。
ストーリーは、設定と濃い絵柄、派手なリアクションの割に落ち着いた内容です。
てっきりアクション要素が入ってくるのかと思ったら、随分あっさりと終わってしまったので意外でしたが、このまま人間と妖怪の関係を描いた連載で進むなら読んでみたいとも思いました。
スポンサーサイト


神様等が登場するWEB読切漫画4作紹介 

神様等が登場するWEB読切がいくつかありましたのでまとめてみました。
なおどの漫画も、そういった要素はあるものの妖怪や神話がメインという作品ではないのでご注意ください。

第14回フレコミ漫画大賞・佳作『鬼さんと一緒。/高江洲まい』
美形だがガラが悪い事で有名な後輩・兎本 愁(うもと しゅう)から 突然の告白を受ける伊波 茜(いなみ あかね)。 最初は、愁を恐れていた茜だが、次第にその優しさに惹かれていく。しかし愁には、ある秘密が……。
メインキャラクターに鬼が登場しますが、あくまで恋愛がメインになっています。
掲載ページ:http://flex-comix.jp/titles/onisanto.html

第13回電撃コミックグランプリ少女漫画部門『オカケン/RATS』
気味の悪いメールに悩まされていた彩名は、イケメンぞろいと噂のオカルト研究会、通称「オカケン」を訪ねる。部長の蓮と部員の颯太は確かにイケメンだが、不思議な雰囲気。彩名は2人からメールの対処法を教わるが――。
呪いをかけられた女の子が、イケメン2人が所属するオカルト研究会に相談するという話。
触り程度ですが呪詛や呪詛返しのことが出ています。
掲載ページ:http://asciimw.jp/award/comic/13_jyusyou.php

講談社新人漫画賞第87回の特別奨励賞受賞作品
「SUZU!/荒井久緒」弁天様に仕える鈴の精霊が登場するラブコメ作品。
「「甘盛/石原和樹」お参りした神社から甘味の神様が現れるコメディ。
両作品掲載ページ:http://kc.kodansha.co.jp/SEP/02065/01/nf/newface/

WEB妖怪読切:青紋の暴食者/もりのほん 感想 

第13回電撃コミックグランプリ少年漫画部門準グランプリ作品『青紋の暴食者/もりのほん』が、中国の妖怪「四凶」を扱った現代妖怪漫画でした。

青紋の暴食者/もりのほん/第13回電撃コミックグランプリ少年漫画部門準グランプリ作品/妖怪/中国/伝奇アクション
掲載ページ:http://asciimw.jp/award/comic/13_jyusyou.php
とある秘密を持つ少年・青磁はある日、オカルト好きの幼なじみの薫の前で四凶(しきょう)という怪物に興味を示す。
そんな青磁を前に盛り上がる薫だったが、その夜、四凶の一角である窮奇(きゅうき)に襲われて……。


大昔中国で封印された悪神・四凶の一つ「窮奇」が現代日本の少女を狙う伝奇アクション。
妖怪の数自体は少ないですが、妖怪の能力を反映したバトルに四凶を封印した人物や他の四凶も登場ととても面白かったです。
またコメントでグランプリを取ってもおかしくないと書かれるだけあり、通常シーンもアクションもとても読みやすく、少年漫画的な綺麗な絵柄でした。
ほぼ主人公状態の薫は明るく可愛く、彼女を守る青磁は格好よく、人物も分かりやすいので非常に読みやすい作品だと思います。
なおWikipediaにて四凶や彼らを封印した人物などのページもありますので、そちらを読まれてから読んでも面白いかもしれません。

関連リンク:Wikipedia「四凶」ページ

妖怪漫画「石影妖漫画譚/河合孝典」WEBアニメ配信中 

以前ご紹介したヤングジャンプWEB連載妖怪漫画「石影妖漫画譚」のWEBアニメが、公式サイトで配信中です。
石影妖漫画譚 1 (ヤングジャンプコミックス)石影妖漫画譚 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/11/19)
河合 孝典

商品詳細を見る
石影妖漫画譚/河合孝典/ヤングジャンプ・WEB版ヤングジャンプ連載中/妖怪/アクション活劇/江戸時代

江戸中期。妖怪のみを描く風変わりな絵師・烏山石影のもとには、ミステリアスな相談事や事件が次々持ち込まれる。「妖怪を実際に見て描く」のが信条の石影は、喜び勇んでその渦中にとび込むのだが…!?
江戸を舞台に、妖しく蠢く妖怪たちに向き合う天才絵師の活躍を描く、大江戸妖怪アクション絵巻!!


現在公式サイトにて、アニメ第一話と漫画本編第一話から五話、とんで五十三話から七十三話を掲載中です。
掲載ページ:http://yj.shueisha.co.jp/web_comic/ayakashi/
アニメ粗筋:妖怪は存在する。そこにも、ここにも。どこにでも――。
天才妖怪絵師・烏山石影の元に庄屋の娘がやってきた。娘が石影を訪ねた理由とは……!?
江戸妖怪絵巻 今宵、開帳―――。


時間は5分程度とかなり短くストーリーも起の部分で終了しているのですが、作画は綺麗で特に妖怪の描写が独特で良かったです。
アニメは第三話まで配信予定で、次回は2月16日配信だそうです。

関連記事:WEB連載妖怪漫画:石影妖漫画譚/河合孝典 感想

WEB妖怪読切:想い出にのせて/春日和 感想 

講談社新人漫画賞第87回の特別奨励賞受賞作品「想い出にのせて/春日和」が、鬼や河童が住む異世界に迷い込んでしまう少年の話でした。
掲載ページ:http://kc.kodansha.co.jp/SEP/02065/01/nf/newface/
行方不明の父を探す少年が迷い込んだ妖の世界、「黄泉の泉」の伝説に人外の少女…と書くと純和風伝奇のようですが、巫女少女・ミィがその空気をぶち壊してくれています。
猫耳しっぽだけならいざ知らず、語尾まで「にゃー」が付く今時珍しいコテコテの萌え系猫耳っ娘の巫女少女。しかも巨乳。さあ萌えろ!と言わんばかりのキャラ造詣です。

鳥居を潜って行き着いた先、鬼や河童、巨大な亀、奇妙な花々が咲く場所。それに対し、あからさま過ぎる萌えキャラ・ミィ。
初めは酷くミスマッチに感じられたのですが、父を探す中で見えてくる彼女の想いで、次第に彼女の存在が物語に馴染んで行きました。
特に終盤では、幼くすら思えた彼女だからこそ、余計に印象的に感じられたように思います。

コテコテ猫耳巫女から始まった異世界の旅でしたが、予想外に切なく優しいラストでした。
1ページにコマと台詞を詰め込んでいるのが少し気になりましたが、整った絵なので見づらさもありませんでしたし、何より雰囲気がとてもよかったです。
猫耳少女や和風伝奇、切ない作品が好きな方にはおすすめです。

WEB連載:「俺の屍を超えてゆけ」コミカライズ 第一話感想 

ファミ通.comコミックサイト「コミックエアレイド」で、悪鬼・朱点童子を倒すため神や妖怪と交わるゲーム「俺の屍を超えてゆけ」のコミカライズがスタートしました。
なお何故か女性向けコミックサイト連載化されましたが、ゲーム自体には女性向け要素はありません。
俺の屍を越えてゆけ (通常版)俺の屍を越えてゆけ (通常版)
(2011/11/10)
Sony PSP
商品詳細を見る
ゲーム公式サイト:http://www.jp.playstation.com/scej/title/oreshika/ ※音量注意
ゲーム開発は「ガンパレード・マーチ」「式神の城」などのアルファシステム。
私は上記2作しかプレイしていないのですが、どちらも個性的なゲームで面白かったです。
特にガンパレード・マーチの自由度の高さは、昨今のゲームにも負けない作りになっていると思います。

時は平安。京の都。朱点童子を頭目とする鬼の襲撃により、都は壊滅寸前となっていた。誰もが平和を願うなか、一組の夫婦が朱点の討伐へ赴く。
二人の名は、源太とお輪。果敢に戦いを挑んだ二人だが、朱点の卑劣な罠に陥り、お輪は自らの子供を奪われてしまう。
この時朱点は、「種絶の呪い」そして「短命の呪い」を赤子に刻む。解放された赤子は、六角一族の当主として、打倒朱点を宿命とし、先の見えない戦いに身を投じる。
六角一族の戦いは続く。神々の力を借りて何世代にもわたりその血を繋ぎ、いつか自らの子孫が朱点童子を倒し京の都に平和を取り戻す日まで……。
伝説的人気のRPG、待望のコミック新連載スタート!!


コミカライズは日の出ハイム。淡白な絵柄ですが表情などに少し癖がありました。
ゲームの粗筋からてっきり六角一族が主人公かと思ったのですが、第一話を見る限り一族以外の一般人?が主人公のようで驚きました。
まだまだ導入部分ですが、交配のために多くの神・妖怪が出てくる作品ですので今後が楽しみです。

WEB連載:犬神姫の徒/水沢充 壱怪目 感想 

ガンガンオンラインで連載開始された「狗神姫の徒」という作品が、犬神姫とよばれる少女の神様と、彼女の生贄に選ばれた高校生のラブコメディでした。
なおヒロインの神様は「犬神」と呼ばれてはいるものの、一話の描写では呪術で作られる犬神ではなく一般的?な山の神のようでした。

犬神姫の徒(いぬがみひめのしもべ)/水沢充/ガンガンオンライン連載中/神様/妖怪
掲載ページ:http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/comic/inugami/
ヤンキーな見た目の高校生・犬塚太郎丸の頭に出現した白羽の矢! 
それは山頂に住むタタリ神『犬神姫』の生贄に選ばれた証だというけれど…!? 
ツンでビビリ、でもキュートな姫と太郎丸が繰り広げるファンタジックラブコメディ!!


高飛車で一途な人外少女が好きな方におすすめの作品です。
犬神姫の白羽の矢に当たり生贄に選ばれてしまった高校生・犬塚太郎丸。
初めは一方的な犬神姫に苛立つ太郎丸でしたが、彼女の境遇を知りしばらくの間一緒にいることを約束します。

登場するのは神様である「犬神姫」、彼女の守である犬張子の犬威さん、その他犬の面を付けた犬姫様の従者が登場しますが、メインはやはり犬神姫です。
艶やかな黒髪、少女の容姿、花柄着物に狐の面の奇妙な少女犬神姫。
己を主と呼び、太郎丸を従者と呼ぶ言動こそ傲慢ですが、他人を知らず妙に幼く懸命な仕草がとても可愛いです。また話自体には恋愛的なものはまだないのですが、微妙なサービスカットも少しありました。
犬張子の犬威さんも面白かったですし、弐話目も楽しみです。

緑川ゆき原作「蛍火の杜へ」毎日映画コンクールアニメーション映画賞受賞 

緑川ゆき原作の「蛍火の杜へ」が、毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞しました。

こちらは現在4期が放送中のアニメ「夏目友人帳」の緑川ゆき先生短編をアニメ映画化されたものです。
少女と狐面の青年・ギンを描いたこの映画も、夏目友人帳と同様、妖と人との関わり作品です。
残念ながら公開場所が限られているのですが、大好きな「夏目友人帳」アニメのスタッフが作られているということで、2月のBlu-ray&DVDの発売が楽しみです。
蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [Blu-ray]蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/02/22)
内山昂輝、佐倉綾音 他

商品詳細を見る


関連記事:蛍火の杜へ(ほたるびのもりへ)/緑川ゆき 感想

以下映画化決定時の記事から転載の「蛍火の杜へ」紹介になります。
蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
(2003/07/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る
タイトルと表紙は「蛍火の杜へ」になっていますが、この単行本は実は短編集です。
四季をテーマにした四話が収録されていて、「蛍火の杜へ」は「夏」を扱っています。
 ゛山神の森"へと迷い込んだ少女・蛍と人間に触れられると消えてしまう妖怪の話で、透明で澄んだ雰囲気は「夏目友人帳」とよく似ています。
しかしこの「蛍火の杜へ」は恋がテーマ。幼い少女から次第に成長していく蛍の中でちかちかと瞬く恋心が、人と妖という決して結ばれない2人の夏を通して描かれています。
決して長くはない作品ですが、心にいつまでも残る作品です。

繰繰れ! コックリさん(1)/遠藤ミドリ 感想 

外見幼女の市川こひなのコックリさんで始まる、自称人形の電波幼女×イケメン?主夫コックリさんのブラック混じりな4コマ劇場。
第1巻には連載前の読切3作、連載第1話から8話までが収録されています。
パッツン前髪のクール少女に銀髪イケメン妖狐ものということで、同じJOKER連載中の「妖狐×僕SS(いぬぼくしーくれっとさーびす)」を連想したのですが、実際読んでみると全く違っていて面白かったです。

繰繰れ! コックリさん(1) (ガンガンコミックスJOKER)繰繰れ! コックリさん(1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2011/12/22)
遠藤 ミドリ

商品詳細を見る
繰繰れ! コックリさん/遠藤ミドリ/1~/ガンガンJOKER連載中/4コマ漫画/妖怪/TSF(変身)/女体化/男体化/獣人(狐・狗神)/けもみみ

モフモフでござる。モフモフでござる。
コックリさんのコックリさんによるコックリさんの為の、超虚脱系ゆるふわコメディー。
疲れたOLとかが読むといい全力脱力なハートフル?四コマ。
言いたいことはいっぱいあるが「幼女×イケメン」にピンときたら読むがいいよ。


「繰繰れ! コックリさん」は、ほぼ主人公・市松こひなの家で展開する超インドア4コマ漫画。
場面がほとんど変わらないうえ、登場人物も市松こひな、世話焼き狐のコックリさん、そしてこひなのストーカーの狗神の3人のみで展開するのですが、こひなの独特な性格とキャラの掛け合いのおかげで飽きませんでした。

主人公・市松こひなは、"自称"人形の電波っ娘。
繰繰れ! コックリさん  市松こひな
カップラーメン中毒の外見幼女、実態は中学生くらいの女の子で、コックリさんに家事をやらせては好き放題やっています。
学校で苛められたり親に放置され気味だったりと割と状況はハードなのですが、本人は無表情の毒舌なりに、楽しく暮らしている様子です。

そんな「こひな」のコックリさんで呼び出されたコックリさん。
繰繰れ! コックリさん コックリさん
元は神様だったのですが、寂れてしまい今ではただの動物霊に。
ただ元は神様なのでそれなりに霊力などはあるようです。
インスタントばかりを食べている「こひな」を見かねて、家事をしている一応イケメンの狐で、気まぐれに狐姿にも変身しています。

そして個人的にとても嬉しかった狗神さん。
繰繰れ! コックリさん狗神男ver.
こひなのストーカーで、とりついた後も何かとこひなに迫ってくる犬気質の青年なのですが、実は霊になりたてで不安定な性別から気まぐれに女性に変身するというTSFキャラでもあります。
繰繰れ! コックリさん狗神女体化ver.
基本的な容姿は変わらないまま、体型・や顔かたち、髪質など細かい所が違っているのが良かったです。
性格の方に変化はないのですが、とにかくこひなに好かれたいorいちゃつきたいという思考回路なので、女性時は意図的に女の子らしい仕草をすることもあります。
なお実際は性別不詳の動物霊なので女体化男体化はよくわからないのですが、こひなやコックリさんへの対応は、どちらかと言えば男性のように見えました。

期待した以上にギャグもキャラも良かったです。
またギャグではないのですが、電波毒舌こひなが本当に稀に見せる表情がとても好きでした。
繰繰れ! コックリさん 市松こひな2
2巻の発売が楽しみです。

試し読み
ガンガンJOKER公式サイトで連載第1話が試し読みできます:http://www.square-enix.com/jp/magazine/joker/series/gugure_kokkurisan/index.html
また以前JOKERの漫画賞「J1グランプリ」に掲載されていた読切版(単行本収録第1話目)も、「J1グランプリ」ページにて読むことが出来ます。
J1グランプリ:http://www.square-enix.com/jp/magazine/joker/special/j1grand_prix.html
なお、性別未定の狗神さんは公式サイトのキャラクター紹介にのみ登場しています。

関連記事:『第3回J1グランプリ』に妖狐コメディ2作掲載

「コミックダンガン」でみなぎ得一「√3」、ヒライユキオ「あやかしコンビニエンス」スタート 

新創刊WEB雑誌「コミックダンガン」で、妖怪漫画「√3=(ひとなみにおごれやおなご)/みなぎ得一」と
「あやかしコンビニエンス/ヒライユキオ」
の連載が開始されました。
現在はそれぞれ第一話とキャラクター&ストーリー紹介ページが公開中です。
コミックダンガン公式サイト:http://www.comicdangan.com/

√3=(ひとなみにおごれやおなご)/みなぎ得一/妖怪/獣人(化け狐、化け狸、化け狗)
√3=(ひとなみにおごれやおなご)掲載ページ:http://www.comicdangan.com/manga/route3/
社会情勢を大きく変えた「大召喚」から数年後、世はその大事件を知らない世代が中学生となっていた。
「万魔殿学園」中等部に通う夢見長屋の住人・初音と魔魅は放課後の教室で、クラスメートの保由に話しかけられるが……。


妖怪少女3人のドタバタ学園コメディ。
新連載である「√3」も、「大復活祭」や「足洗邸の住人たち。」のようなみなぎ得一の他作品同様、「大召喚」と呼ばれる事象が起こった日本という、一種のパラレルワールドが舞台になっています。
設定上これまでの作品よりはライトな印象を受けましたが、密な世界観と「妖」の蘊蓄は相変わらず。
異世界から引っ張り出された亜人・人外という特殊な設定ではありますが、妖怪の描き方と、派手なアクション、個性の強いキャラクターはとても魅力的です。
「みなぎ得一」さんのファンの方にはもちろん、まだ読んだことがないという方も、他の作品よりは入りやすい話になっているのではないかと思います。


あやかしコンビニエンス/ヒライユキオ/妖怪/獣人(猫又)
あやかしコンビニエンス掲載ページ:http://www.comicdangan.com/manga/ayakashi/
ここは山とか川とかしかないけど湖がある近畿地方の某県田村町。
大学進学を機に、祖父の家に下宿することになった彩橋あかりは、亡くなった祖母が経営していた小さなコンビニを手伝うハメになる。
山間の客足まばらなこの店は、なぜか24時間営業で……。まだ人と妖が共存しているこの場所にも、あかりのせいで変化が!?


こちらはほんわかした片田舎が舞台の妖怪譚。
祖母を亡くした少女と妖の少女がコンビニエンスストアで働くことになるという物語です。
第1話では少しシリアスな部分もありましたが、可愛らしいペンギンのような見た目の河童など全体的にゆるい雰囲気の作品のようです。
イラストのみで登場している化け蜘蛛、天狗が今後どう登場してくるのかも気になりました。

最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。