QLOOKアクセス解析

WEB読切:神と透子の探偵教室/松原剛 感想 

前回の記事にひき続き、第20回「少年シリウス」新人賞作品から憑依TSF該当作品を。
「黒霧」ほど該当シーンは多くありませんが、こちらははっきりとTSFとして描かれています。
余談ですが受賞4作中3作が幽霊もの。流石に残り1作にはTSFはありませんでした。

神と透子の探偵教室/松原剛/第20回「少年シリウス新人賞」受賞作/TSF(憑依)/女体化/学園ホラー風ミステリー
掲載ページ:http://www.sirius.kodansha.co.jp/shinjin.html
美術部の透子の前に現れたニートっぽい幽霊は、なんとこの地域担当の「神様」だと自称する。全く信じない透子だったが、透子の作品が何者かに壊されて親友の静に疑いがかかり、わらにもすがる思いで「神様」に助けを求める。透子のファーストフードのお供えで、神様探偵の捜査が始まった・・・!!

主人公の少女・透子と、ニート風神様との会話が楽しい学園ミステリー。
透子は霊感が強い怖がりな神社の娘。そのせいで「自称」神様の青年に声をかけられてしまう。

学園ミステリーと言っても実は「神様」の持つ推理漫画潰しのチート能力で、犯人はあっさりわかってしまいます。
しかしその後更に事件が。そしてチート能力のために逆に見えなくなった真実とは?
事件自体は派手ではありませんが、捻られた展開が面白かったです。

TSF該当は終盤の事件解明シーン。真犯人(というのは実際は正しくないのですが)を問い詰めるために、透子に神様が憑依します。
憑依なので外見は変わらないのですか、髪型・表情・口調全てが違うため別人にも見えました。
該当は11ページとそれほど多くはありませんが、終始メインで喋りっぱなしなので、ページ以上に登場しているように感じられました。

人物の心情などを考えると明るい話とは言いづらいですが、読後感は悪くなく、絵も可愛らしくて良かったです。

関連記事:WEB TSF風読切:黒霧/黒衣 感想

WEB TSF風読切:黒霧/黒衣 感想 

少年シリウス公式サイトに掲載されている第20回「少年シリウス新人賞」受賞作「黒霧/黒衣」で、少女に男の霊が憑依する描写があります。
※ 描写はTSFですが特殊な話になります。ネタばれになりますのでTSFについては続きに。

黒霧/黒衣/第20回「少年シリウス新人賞」受賞作/TSF(憑依)?/女体化?/ホラーアクション
掲載ページ:http://www.sirius.kodansha.co.jp/shinjin.html
一年中霧が深い霧中町にはなぜか都市伝説の類が多い。
心霊写真が撮れる特技を持つ新聞部の一吟は、密かに想いを寄せるユナと共に最近話題の「影男」伝説の取材に行く。ところが、本当に影男が現れて襲いかかってきたかと思うと、ユナか゜豹変して影男を撃退。
なぜか、死んだ双子の兄を名乗って――。


都市伝説「影男」取材中に同行の憧れの少女・ユナに死んだ兄・キナが憑依してしまうホラーアクション。
都市伝説の調査や憑依などがあり、黒を効果的に作った画風も雰囲気がありましたが、ホラー要素は薄く、むしろ影とのバトルというアクションが多かったです。

憑依の該当シーンはかなり長く10ページから最後の34ページまで。
外見は当然変わらないのですが、優しい少女から妹を溺愛しているらしい柄の悪い少年に変わるため、表情などは全く異なっています。
黒髪パッツンおかっぱ黒タイツ制服に気の強い凶悪な表情。さらに戦闘時は手を靄の刀に変える…等々個人的にかなりツボを付いてくれるキャラクターでした。
あくまで問題解決がメインなので「萌え」などはありませんが、少女の体で影と戦うシーンは格好良かったです。

ただ先にも書いたとおり特殊な作品なので、TSFとは言いづらい作品です。
ネタばれが気にならないという方は続きからご覧ください。

関連記事:低俗霊MONOPHOBIA(1)/刻夜セイゴ 感想 
※ 生まれる前に死んだ兄が霊感体質の妹の精神と同居している、憑依TSFホラーアクション

▼続きを読む▼

バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。(5)/namo 感想  

バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。(5) (ファミ通クリアコミックス)バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。(5) (ファミ通クリアコミックス)
(2012/01/14)
namo

商品詳細を見る
バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。/namo/1~5/WEB漫画雑誌『コミッククリア』連載中/女装/男装/TSF(入れ替わり)/女体化/男体化/4コマ/学園ショートコメディ

――私立文月学園。そこではテストの点数を数値化し、自分の分身である「召喚獣」に点数が反映されるシステムが存在する。
さらにっクラス設備が差別化され、クラスそのものの入れ替えが可能な「試験召喚システム」が導入された学園。
本巻では久保くんの妄想大暴走!そしてお祭りを舞台にFクラスの面々が大いに暴れる!?


バカとテストと召還獣スピンアウトコミック第5巻。
今回は今までと少し変わってショートショートメイン。
内容は明久に惚れている残念イケメン・久保のショートショート、久保多めの4コマ。
そして雄二+翔子、土屋+工藤、秀吉+秀吉姉、明久+姫路、4組の視点からの夏祭りという構成になっています。
なお今回はページがいっぱいだった為か、おまけは各話間に1ページのイラストor漫画のみでした。。

残念イケメン・久保君の話も面白かったのですか、今回は何と言っても夏祭り!
夏祭りを訪れた男女と状況は同じなのですが、それぞれ全く違う展開で、少しずつ関連している(例えば土屋&工藤組で登場したアイテムが秀吉姉弟に影響したり)のが面白いです。
初めの雄二+翔子はまとも(?)な恋愛もの。翔子は相変わらずですが雄二の方も珍しくデレています。
土屋+工藤は二人で男装、女装コンテストに参加する話。
ムッツリーニ女装 バカとテストと召喚獣spinout
工藤さんの男装は格好よく、土屋の女装は可愛かったです。またこの回以外にも以前の土屋の女装写真が登場しました。

秀吉+秀吉姉は二人が入れ替わってしまう話。
入れ替わり 男体化バカとテストと召喚獣spinout
もともと外見がそっくり、しかも片方は男の娘なのであまりTSF的には期待しなかったのですがパニックの姉、全く気付かない秀吉のギャップが面白かったです。
入れ替わり 女体化 バカとテストと召喚獣spinout

最後の明久+姫路回は何と言ってもメインヒロインが久しぶりにメインの回なのが見所です。
また明久の姉、美波などメインでないキャラクターも、ちょこちょこと登場してくれていました。
今回は珍しい構成でしたが、SPINOUT!が好きなら買って損はないかと思います。

関連記事
バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。/namo 感想 1巻 / 2巻 / 3巻 / 4巻
WEB連載:バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。24話でTSFネタ
バカとテストと召喚獣 SPINOUT!/namo DVD特典でアニメ化

その他の「バカテス」コミカライズ
バカテスのコミカライズは、キャラクターも掛け合いもコミカルで楽しいものばかりでお勧めです。
バカとテストと召喚獣(1)/夢唄・まったくモー助(原作:井上堅二) 原作をおおよそ忠実にコミカライズしている作品。
バカとテストと召喚獣ぢゃ(1)/KOIZUMI(原作:井上堅二) 感想 秀吉(男の娘)の口癖付きタイトルに偽りなし!の女装漫画。完全にヒロイン&明久がヒロインと化しています。
バカとテストと召喚獣 コミックアンソロジー/KOIZUMI 久遠まこと他 感想 絵は可愛い方が多く、秀吉の登場も多いのは良いのですが、1話1話が短いので女装も小ネタ程度のものばかりになります。

「シュタインズ・ゲート」、「比翼恋理のだーりん」PS3で発売決定 

XBOXから発売された電脳アドベンチャー、「シュタインズ・ゲート」とファンディスク「比翼恋理のだーりん」がPS3から発売されるそうです。
発売は2012年5月27日、またソフト2本がセットになったダブルバック版も発売されるそうです。
詳細はファミ通.com公式サイトをご覧ください。
ファミ通.com公式サイト:http://www.famitsu.com/news/201201/17008419.html

「シュタインズ・ゲート」はアニメ化もされたアドベンチャーゲーム。
現在でも複数の雑誌で漫画が連載されている本作品ですが、ルートによっては男の娘の巫女少女・漆原ルカとエンディングを迎えることができます。
ただ「本編」である「シュタインズ・ゲート」ではTSF要素も入っており、純粋な男の娘ではありません。
なおグロ耐性必須のため私は未プレイですが、ゲーム自体の評判もとても良い作品のようです。

シュタインズ・ゲートWEB掲載漫画第1話感想
男の娘登場「STEINS;GATE恩讐のブラウニアンモーション/溝口岳史」紹介
ファミ通.comにて「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」コミカライズ2作品スタート
上記記事関連:WEB連載:STEINS;GATE DROPS/Carawey第3話(ルカ子回)公開
マッグガーデンオンラインにて「STEINS;GATE 比翼恋理のスイーツはにー/筒井大志」第一話掲載


「這いよれ! ニャル子さん」アニメ化決定 

男の娘ヒロインが登場するライトノベル「這いよれ! ニャル子さん」のアニメ化が決定しました。

該当キャラクターは外見美少女の男の子・ハスター(ハス太)。主人公に絶賛片思い中のほんわか癒し系美少年です。
外見はロングの三つ編にリボン風のアホ毛、可愛い服に女顔。
ただかなり女装に近い姿の「男の娘」ではあるのですが、「バカテス」の秀吉や「おと×まほ」主人公のように、実際に女装するかは原作未読のため不明です。
なお公式サイトによると声はゼロの使い魔のルイズや鋼の錬金術師のアルをされている「釘宮理恵」さんとのことでした。

アニメ公式サイト:http://nyaruko.com/
「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプです♪」
銀髪の美少女が、とてつもなく意味不明なキャッチフレーズとともに現れた!
クトゥルー神話の邪神「這いよる混沌」ニャルラトホテプ、長いので略してニャル子。
「生ける炎」クトゥグアのクー子や、「名状しがたきもの」ハスターのハス太も加えて、底知れぬ暗澹たる恐怖とラブ(クラフト)コメディがここに開幕!
八坂真尋やニャル子を狙って、次々と地球にやって来る邪神たち。それを迎え撃つニャル子の宇宙CQC。
宇宙規模で繰り広げられる壮絶な事件の真相とは?はたして、真尋は平和に暮らすことができるのか!?
怒涛のハイテンション混沌コメディ、ついにTVアニメに這いよります!


現在粗筋等の他、キャラクター紹介ページで、ハスターやにょた?ヒロインのニャル子さんなどが紹介されています。
なお以前にもフラッシュアニメ化された作品ですが、今回は通常のアニメとして作成されるようです。

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
(2009/04/15)
逢空 万太

商品詳細を見る
這いよれ!ニャル子さん/逢空万太/TSF?/女体化?/男の娘(女装?)/クトゥルー神話

「這いよれ! ニャル子さん」は、クトゥルー神話を元ネタにしたスラップスティックコメディの色合いが強いラブコメライトノベル。
男の娘「ハス太」の他、ヒロインにTSF風のキャラクターがいるなど、倒錯したヒロインが多い作品のようです。
たとえばヒロイン・ニャル子さんは、クトゥルー神話の男性神ニャルラトホテプが女体化したもの。
ただ現在連載中のWEBコミックを見た限り言動は完全に女性のものなので、感じとしては「恋姫無双」のような男性キャラクターを女性として描かれたキャラクターのように見えました。
ニャルコさんの他、一人称が「僕」の竜が幼女に変身するというのもあるのですが、こちらも元々の性別が不明なのでTSFかはよくわかりませんでした。
これ以外にも、原作5巻では上記とは別に女体化ネタがあるようなので、もしかしたら漫画の方でも今後TSFがあるかもしれません。

関連記事:WEB誌FlexComixにて「這いよれ!スーパーニャル子ちゃんタイム/星野蒼一朗(原作:逢空万太、キャラクター原案:狐印)」連載開始

最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数: