QLOOKアクセス解析

WEB連載妖怪漫画:ソトのヒト/泥田坊 感想 

「ニコニコで漫画を描いてみた」で連載中の「ソトのヒト/泥田坊」が、妖怪達の通う学校でのコメディでした。
ソトのヒト/泥田坊/ニコニコで漫画を描いてみた連載中/妖怪/学園/コメディ/獣人/けもみみ/アンドロイド
掲載ページ:http://seiga.nicovideo.jp/manga/sotonohito?watch_cp ※ 視聴には会員登録(無料)が必要です
ごくごく普通の男子高校生コーイチ。
春からの高校生活に心踊らせていたが、ひょんなことから、なんと「人外」しか入れない高校に行くことに!
周りを見渡せば、妖怪獣人、精霊、ロボっ娘などなど、おかしなクラスメイトばかり。
ヒトと人外が対立しているこの世界で、果たしてコーイチは無事に学園生活を送れるのか!?
楽しい仲間がいっぱいの、ちょっと不思議な学園コメディ、ここに開幕。


人の持つ想いのエネルギーが肥大化し形となったモノが人の影から外れたもの…人から外れたものへと生まれ変わる。
想いの形で妖怪獣人・精霊・ロボットと姿を変えて多種多様な姿を持つ、そんな「人外」の存在が通う「怪奇高校」に入学してしまった男子高校生・コーイチの学園コメディです。
現在は「壱の怪:ひととあやかしのあいだ」「弐の怪:ふてきせつこういしつ」の2話が公開中になります。

登場するのは幼なじみの一つ目少女・ヒトミを始め、九尾の狐、狼男、砂かけ婆にコロポックル等の妖怪・精霊それ以外。
完全にカマキリが制服を着ただけの少女や継ぎ目の目立つアンドロイド、どう見てもグレイなど特徴的な外見のキャラクターが多いのですが、デフォルメされた4コマ風の絵柄なので可愛らしい印象が目立ちます。
キャラクターは特殊ですが、内容は割とよくある学園コメディなのがアンバランスで面白かったです。

関連:妖怪学校コメディ感想記事
妖怪学園記(全1巻)/きむる 感想
ときめき☆もののけ女学園(全2巻)/南国ばなな 感想 ※百合+微エロ注意
WEB妖怪読切:バケがく!/西尾洋一 感想 ※現在該当作は公開終了、他の妖怪漫画が公開中

ケモノキングダムZOO(1)/もち 感想 

ケモノキングダムZOO(1) (KCx ARIA)ケモノキングダムZOO(1) (KCx ARIA)
(2011/09/07)
もち

商品詳細を見る
ケモノキングダムZOO/もち/1~/ARIA連載中/獣人/ギャグ

動物たちの国アッパーヤード(ぶっちゃけ上野動物園)は、カリスマ・パンダ王亡きあと、東と西に別れ内戦状態に陥っていた。そこにある日、パンダ王の隠し子がいるという朗報がもたらされ……!?
某動物園を勝手にファンタジー化した王国で動物を偏愛する著者が脳内変換して生み出した、かわいくてちょっと残念なアニマルたち。
彼らのめくるめくボケとツッコミに中毒者続出中の動物奇想天外ギャグ★


パンダ王が死に、東西に分けられた獣の帝国上野動物園アッパーヤードを舞台にした動物擬人化ギャグ漫画。
主人公は、パンダ王亡き後、代わりに立てられた王・レッサーパンダを守ろうとする西軍の青年・飛べないヘタレオオワシと、新しい王の座を狙う東軍の頭であるライオンの一羽と一匹。
この他、可愛いばかりの王・レッサーパンダに代わり西軍を取り仕切るカンガルー、参謀の美女・シロフクロウ、くノ一ヤマネとその弟子の兎、ドールの殺し屋三兄弟等、たくさんの動物達が登場します。
外見も性格も個性的なキャラクターばかりなので、どのページもとてもにぎやかでした。

また表紙は全力でパンダなのですが、中身はどう見ても動物、服を着た獣、耳としっぽが付いた人、どっからどう見てもただの人間など様々な擬人化された動物が登場します。
ケモノキングダムZOO 羽が生えた人の姿のシロフクロウ
ケモノキングダムZOO (1) 小さい人の姿のヤマネとデフォルメされたうさぎ
基本的にレギュラーキャラほど人に近い姿のようですが、特に決まっているわけではないようです。
またそのまま動物の姿のキャラクターでも、普通に言葉を話したり戦ったりしています。
ケモノキングダムZOO (3) 稀にリアルな絵が登場することも

粗筋通り、基本は擬人化ギャグ漫画ですが、一方で各軍の策略やバトルなどの描写などシリアスなシーンもあります。
てっきり純粋なギャグ漫画だと思っていたので意外でしたが、いたって真剣に戦う主人公2人と、唐突に挟まれる動物達の斜め上の行動が対比がシュールで面白かったです。
ちなみにこの一巻で、西軍VS東軍の戦いは終了します。本筋が長く続くギャグ漫画は苦手なので、その点も良かったです。

少し残念だったのは、各動物の特性などを反映した描写があまりなかったこと。
オオワシの鳥目や↓のような豆知識ネタもあるのですが、あくまでストーリーとギャグ要素が中心なので、擬人化ならではの面白さは少ないように感じました。
ケモノキングダムZOO (2) 
とは言え、毎回たくさんの動物が出てくるので、動物擬人化漫画が好きな方は楽しめるかと思います。
また実際に上野動物園にいるオオワシのエピソードが容姿に反映されていたりするので、上野動物園に行かれたことがある方はより楽しめるかもしれません。

同時収録の読切『裸マフラー』は全裸にマフラーの変態と一緒に校内ファッションショーに参加することになった学生のギャグ漫画。1ページだけですが可愛い女装シーンがありました。

他作品紹介
この方は、他の連載でも毎回獣人がメインのストーリーになっています。
『パパムパ』

パンダ型宇宙人と女子高生2人組、そしてたくさんの喋る動物達とのギャグ。デビュー作&初連載になります。
取りあえず暴力で解決する主人公に電波姉弟、見た目だけは可愛らしい宇宙人、自分を犬と信じ込んでいる青年等、キャラの破天荒っぷりが面白いです。

『キューティクル探偵因幡』
人工的に作られた狼男・秘密警察犬(シークレットドーベルマン)とヤギのマフィアの獣人要素ありのギャグ漫画。
キューティクル探偵因幡 1キューティクル探偵因幡 1
(2008/03/27)
もち

商品詳細を見る
キューティクル探偵因幡 2キューティクル探偵因幡 2
(2008/09/27)
もち

商品詳細を見る
基本的にギャグ漫画ですが、1巻に1話程度のペースでシリアス回があります。
人のために作られ捨てられる狼達とその事実から目をそらす警察組織、更に警察を潰そうと画策する人々と背景は割りと重め。現在Gファンタジーで連載中です。

関連記事:非日常的ガールズコミック 少女マンガ誌・ARIA 第1号 感想
同時収録の読切「裸マフラー」が収録されていました。

WEB掲載獣人漫画:深海魚のアンコさん/犬犬 感想 

Flexcomicの漫画賞「フレコミ漫画大賞・ブラッド部門」受賞作品「深海魚のアンコさん/犬犬」が、鰭の耳と尾びれのしっぽを持つ人魚の女の子達とのコメディでした。

深海魚のアンコさん/犬犬/フレコミ漫画大賞・ブラッド部門受賞/獣人(魚)/けもみみ?/学園コメディ
掲載ページ:http://flex-comix.jp/titles/sinkaigyo.html
人魚の受け入れが盛んな街で暮らす、人魚好きの女子高生・若狭乙見(ワカサ オトミ)。そんな乙見がご執心なのは、チョウチンアンコウの人魚・アンコさん。
誘引突起を光らせ、猫やツンデレ熱帯魚の人魚・ベタ子ちゃんを撃退するアンコさんが気になって仕方がない乙見は、
ひょんなことからアンコさんの秘密を知ってしまう。
果たしてその秘密とは!?
(公式粗筋より)

「人魚」というと、つい下半身魚の美女をイメージしてしまうのですが、この漫画は人と同じ足を持ち魚の耳(?)としっぽを持つ女の子達が登場。しかも極々普通の学生として学園生活を送っています。
登場する人魚少女達は、単に魚のしっぽを持っているだけでなく、その魚なりの特徴を持っているのがとても面白かったです。
例えば、縞模様のイシダイさんは縞模様のニーソックスを履いていたり、深海魚の堤鮟子(アンコウ)さんは、頭の先のイリシウムで敵を追い払ったり。
人魚登場時には名前の横に魚の姿も描かれているのですか、可愛らしくデフォルメされたロリ気味の絵柄なのに魚はなぜかリアル寄りで、そのギャップも面白いです。

設定は突飛で驚きましたが、話の方は人魚好きの明るい人間の女の子と、「深海魚」ということにコンプレックスを抱えるアンコとの明るい友情物語。
意地悪なのにどこか憎めないベタの女の子、暗い保健室にいるヨミノアシロの保険の先生。華やかな魚もそうでない魚もどのキャラも可愛らしく描かれている楽しい作品でした。

MINDYマガジン(全1巻)/眠田直 感想 ※Jコミ公開中 

十二支の活躍する「超猿人サルデター」が収録された「MINDYマガジン」が、無料コミック公開サイトJコミにて公開されました。
作品集ですが、全200ページのうち76ページを占めているので、それなりに読み応えはありました。
掲載ページ:http://www.j-comi.jp/book/comic/4391

話はバイオテクノロジーによって生み出された猫耳族が人間に反旗を翻し、十二支の能力を持った戦士(それぞれの耳と尻尾を持っていたり被り物をしていたり)が戦うことになるというもの。
最近の漫画とはノリが違うこと、正義のバトルものと見せかけて猫耳族が生み出された理由が直球下ネタ等そこかしこで人を選びそうな内容でした。

他の作品は月刊OUTや月刊アニメージュ掲載ということもあってか、様々な作品のパロディなども使われているようです。
ただ掲載が88年と20年以上前なので分からないものがほとんどでした。
幕間のゲームエッセイでは当時のサブカル(ゲーム・アニメ)についても触れられており面白かったです。

その他のJコミ公開中獣人漫画
ワイルド・ラン(全2巻)/大宮直依 紹介 ※ 薬で人間に変身したジャガーの少女とのドタバタコメディ

WEB妖怪読切:犬神/増田ちひろ 感想 

昨日に引き続き、妖怪が登場するWEB漫画2作の感想です。

犬神/増田ちひろ/マガジングランプリ2011年4月期佳作/妖怪/獣人/けもみみ
掲載ページ:http://kc.kodansha.co.jp/SEP/02065/01/nf/mgp/
粗筋:偶然封印を解いてしまった少年にとり憑いたのはいぬみみしっぽの妖・「犬神」。
友達が欲しいという犬神にシロと名付けて友人になるが・・・。
犬神の男の子と高校生の友情もの。いじめられっ子だった自分とシロを重ねる主人公と小さく弱い妖のシロ。
序盤は子どもそのままのシロとの友情なのですが、正体が判明してからは一転。
ラストは切ないものの温かみのある終わり方で良かったです。

またマガジン第86回新人漫画賞特別奨励賞受賞作「名喰鬼」という作品は、中華風の世界を舞台に、王族の娘に名を与えられた鬼の青年の話でした。
名喰鬼/にいさとる/中華風ファンタジー/妖怪/シリアス/アクション
http://kc.kodansha.co.jp/SEP/02065/01/nf/newface/
先の友情ものとは異なり、こちらは王族の争いなども入っているシリアスな作品です。
鬼である主人公の他、「狼」の妖が登場します。

最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数: