QLOOKアクセス解析

細田守監督最新作「おおかみこどもの雨と雪」情報公開 

「時をかける少女」、「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作「おおかみこどもの雨と雪」が、人間の少女と狼の獣人姉弟を育てる作品です。

いまや全世界が待望する、細田守監督の最新作は「母と子の物語」。
おとぎ話のような不思議な恋をした女性・花は、 おおかみこどもの姉弟、"雪"と"雨"を育てることになる。
「親と子」という普遍的なテーマを、人間とおおかみの二つの顔をもつ ≪おおかみこども≫ というファンタジックなモチーフで描く。
いまだかつて誰も見たことがない傑作が誕生する。
監督・脚本・原作:細田守、脚本:奥寺佐渡子、キャラクターデザイン:貞本義行
作画監督:山下高明 、美術監督:大野広司

公式サイト:http://ookamikodomo.jp/

前回の「サマーウォーズ」でも、ゲームのアバターという形で服を着た二足歩行の兎「キングカズマ」を筆頭に、リスや兎耳の少女などが登場しましたが、今回の作品は現実に獣人の少年・少女が登場。
キャラデザはこれまでと変わらずエヴァンゲリオンの貞本義行。
現在はイラストが一枚公開。主人公らしい少女に抱かれたふかふか耳としっぽの狼少女と男の子がかわいいです。

また「映画.com」では細田監督へのインタビューも掲載されています。そちらによると、
“おおかみこども”というユニークな設定については、「完全に造語。子どもが本来もつバイタリティや生命力を映画的な比ゆとして描きたかった。野生のオオカミは日本では絶滅してしまったが、ひょっとしたら違う形で生きているかもしれないと考えた」という。劇中では、ふたりの子どもがある時は人間、ある時はオオカミへと変身するビジュアル的な演出もあるそうで、「今回はよりファンタジックな部分で、ワクワクしていただけると思う」と語った。
とのことです。「日本狼」というモチーフは元々大好きなのですが、耳としっぽの付いた子どもが、人や狼に姿を変えるというのが気になりました。
関連リンク「映画.com」:http://eiga.com/news/20111213/12/

関連記事
サマーウォーズ(金曜ロードショー版)感想
サマーウォーズ キング・カズマvsクイーン・オズ (1)/サマーウォーズ キング・カズマvsクイーン・オズ (2)/上田夢人 感想
サマーウォーズ公式コミックアンソロジー/ツガノガク、ゴツボ×リュウジ他 感想

乙女ゲーム「ハートの国のアリス」コミカライズ、ゼロサムオンライン」でスタート 

「コミックZERO-SUM」のWEBコミック誌「ゼロサムオンライン」にて、
乙女ゲーム「ハートの国のアリス」のコミカライズ「ハートの国のアリス 恋する茨の迷宮/栗原あおい」がスタートしました。
ゼロサムオンライン:http://online.ichijinsha.co.jp/zerosum/comic/heartalice
ハートの国に引っ張り込まれ、時計塔を滞在地とする事にしたアリス。
しかし塔の主である時計屋・ユリウスとは喧嘩が絶えない。
そんな日々に、もう限界!と爆発寸前のその時、夢魔・ナイトメアが優しく囁いて――!?


「不思議の国のアリス」をベースにした恋愛ゲームのコミカライズ作品。
第1話にはまで登場していないのですが、青年姿の「時計うさぎ」や「チェシャ猫」が登場します。
物語はお約束の兎を追いかけて~というシーンはさっくりとカット。回想として軽く舞台設定などがヒロインの口から語られています。
ロングヘア+アリス服の主人公が華奢でかわいらしく、背景も花や柔らかなトーンでファンタジックな雰囲気になっていました。
「不思議の国のアリス」で登場する動物は行動が擬人化されているので、この作品でも「動物らしさ」はあまりないかとは思うのですが、絵も可愛いので次回以降も読んでみようと思います。

原作について。
原作は2007年に発売されたパソコンゲーム「ハートの国のアリス」。
発売後、PSやPSPでリメイク、続編発売などがされ、今年7月には映画も公開されたそうです。
アニバーサリーの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ -ハートの国のアリス・ボリュームアップ版-アニバーサリーの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ -ハートの国のアリス・ボリュームアップ版-
(2010/03/14)
Windows

商品詳細を見る
現在は「ハートの国のアリス」ボリュームアップ版・「アニバーサリーの国のアリス」が発売中です。

またこのゲームはマッグガーデンや一迅社などから、多数コミカライズやノべライズが発売されています。
ハートの国のアリス1 (BLADE COMICS)ハートの国のアリス1 (BLADE COMICS)
(2008/07/10)
ほしの総明、QuinRose 他

商品詳細を見る


ぺろわん!―早くシなさい!ご主人さま♪―(1巻)/由伊大輔 感想 

ぺろわん! 1  ‐早くシなさい!ご主人さま♪‐ぺろわん! 1 ‐早くシなさい!ご主人さま♪‐
(2011/11/06)
由伊 大輔

商品詳細を見る
ぺろわん!―早くシなさい!ご主人さま♪―/由伊大輔/1~/ドラゴンエイジ連載中/獣人(犬・猫→人、人→犬)/けもみみ

「ホント使えない飼い主ね♪」愛犬×ご主人、主従逆転ラブコメ!!
正体不明の魔法少女(?)アーシェリカの手引きにより、高校生・犬養志郎の愛犬マシロ(♀)は、ある日突然女の子に変身してしまった! 
ドSな笑みで迫る“飼い犬”美少女との主従逆転生活、一体どーなる!?


わんこな女の子が好きな方にお勧めです!
「犬耳」「ドS」「美少女」と書かれた帯に釣られて衝動買い。
サディスティックに笑う表紙から獣っ娘萌えはあまり期待しなかったのですが、予想外に犬少女・マシロが可愛らしかったです。

ぺろわん! アーシェリカ
主人公・志郎は犬が大好きな他はごくごく普通の高校生。
ところが、飼い犬マシロが人間に、更に一定期間中に戻さなければマシロの代わりに自分が犬になると告げられ・・・。

この漫画の魅力は、何と言ってもマシロの可愛らしさ、そしてヒロイン勢のドSぶりだと思います。
ぺろわん! わんこマシロ
帯にはドSと書かれているマシロですが、とにかく可愛らしいです。
どんな時でも志郎が大好き、人間の姿になってもそれは変わらず、無邪気な笑顔で頬を擦り寄せてくる。
そもそも人の姿になりたいと願ったのも、志郎が好きなことに端を発しています。
人の姿で人の言葉を操ってはいても、平気で四つん這いで匂いを嗅ぐわ、鉛筆は上手くもてないわで、犬のような行動が残っているのも可愛らしく、犬から人への変身ものが好きな方は楽しめるかと思います。

ぺろわん! ちょいエロ
一方「ドS」描写もなかなかのもの。
普段は従順でお転婆な可愛いわんこなのですが、スイッチが入ると言葉責めをしながら足舐め奉仕を命令するサディスティックな美少女に変貌します。
変貌の理由はまだよくわからなかったのですが、わんこ時とサディスト時のギャップが面白いです。

ぺろわん! たま
犬のマシロの他、猫から人へと変身する少女も登場します。
志郎大好きなマシロと異なり、動物である「マシロ」を恋愛対象として見れない志郎、そして人間自体を憎んでいるらしい猫の少女。
1巻では登場自体少なかったのですが、性格も容姿もマシロとは真逆の彼女が今後どう絡んでくるのか気になりました。
また動物→人間の他、志郎がチワワに変えられるというものもほんの少しですがありました。
ぺろわん! しろわんこ

そしてもう一つの見所、ドSネタ。
こちらも「ドS」という帯にぴったりの内容でした。
ぺろわん! 葛城
登場するヒロインは犬の「マシロ」、自分の楽しみのためだけに人の運命をねじ曲げる魔女の「アーシェリカ」、優しい笑顔のご当地アイドル兼クラスメイトの葛城。
わんことサディストの顔を持つマシロ。
人外ならではの発言を繰り出すアーシェリカ。
腹黒い性質を隠し、マシロへの当て付けのためだけに志郎を落とそうとする葛城。
全員「S」ということは共通しているのですが、タイプが異なっているのも良かったです。

彼女達のほか、ツンデレ妹や悪友染みた幼なじみ、先の猫少女が登場。
この3人はサディストではないと思うのですが、妹が兄に辛辣なことを言ったり、猫少女が性的に誘惑するような場面は、S風に描かれているようにも見えました。

可愛く健気なヒロインばかりではないS、腹黒葛城にしても、兄に冷たい妹にしても、それぞれの視点がちょこちょこと挟まれるので、一方的に主人公が虐げられるという描写にならず軽く読めました。

志郎の不思議な記憶やマシロが人になろうとした本当の理由、アーシェリカの真意などまだ分からないことも多く、過剰なサービスシーンとマシロの可愛さだけでなく話の続きも気になりました。
次巻の発売が楽しみです。

その他の飼い犬が人に変身する漫画
あにふぁみ!Animal Family/南京ぐれ子(高嶋ひろみ)(全2巻) 感想
※吸血鬼に襲われたペットの犬・猫・鶏が人間になってしまうコメディ。
犬姫様(全1巻)/二宮ひかる 感想
※飼い犬が女性に変身してしまうシリアス作品。
ポチ軍曹。/もみじ真魚(原作:日日日) 感想
※主人公にのみ担当の軍用犬が人間に見えてしまう作品。前半コメディ、後半はシリアス。

獣人アニメ「DOG DAYS」二期決定 

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/07/27)
宮野真守、堀江由衣 他

商品詳細を見る
国同士の「戦」が頻繁に行われる世界「フロニャルド」。
隣国・ガレット獅子団領国からの侵略戦争を受けるビスコッティ共和国。
ガレット獅子団領国の頭首・レオンミシェリ姫が続ける苛烈な侵攻に、敗北を重ねるビスコッティ騎士団。
そんな国の現状に心を痛めたビスコッティ共和国の姫・ミルヒオーレは、意を決して「国を救う勇者」を異世界から召喚する事にする。
ミルヒオーレ姫が勇者に選んだのは、地球は日本・紀乃川市に暮らす少年『シンク・イズミ』。
中学1年生の春休みを控えた終業式の日、シンクはフロニャルドに召喚されてしまう。
異世界フロニャルドで待ち受けるのは、ある変わったルールの元で行われる「戦」の日々。
ガレット獅子団領国の領主・レオ姫やガウル王子をはじめとする好敵手達との戦いや、ミルヒオーレやビスコッティの人々との交流。
サーカスアクションとアスレチック競技が大好きな少年シンクは、『勇者』として、ビスコッティとミルヒを救う事ができるだろうか?


獣人ばかりの異世界「フロニャルドとそこに召喚された人間の少年のファンタジー「DOG DAYS」の二期が決定しました。
HMV_Anime HMVアニメ! ツイートより
『DOG DAYS』イベント只今終了!・・・そして第2期製作決定!!! #dogdays

『DOG DAYS』公式サイト:http://www.dogdays.tv/
こちらにはまだ二期についての告知はないようです。

関連記事:獣人アニメ「DOG DAYS」4月スタート&某わんこゲーム感想

ぼくラはミンナ生きテイル!(2巻)/Tiv 感想  

ぼくラはミンナ生きテイル! 2巻ぼくラはミンナ生きテイル! 2巻
(2011/09/27)
Tiv

商品詳細を見る
ぼくラはミンナ生きテイル!/Tiv/1~2/コミックREX連載中/獣人(動物→人間。猫・烏・馬・兎etc)/けもみみ/女装(番外編のみ)/学園/ほのぼの/百合風味
既刊:ぼくラはミンナ生きテイル!(1巻)感想

余命一年未満!?
そんな自分の運命を変えるべく、通う生徒は動物ばかりの不思議な学校で、気の強い猫の女の子・ミウの仕事を手伝い始めた美心。
やがて秋を迎え、学園はすっかり文化祭の季節。
美心もミウと一緒に文化祭を満喫!と思いきや問題児ばかりのこの学園ではミウの仕事は増える一方。
「一人で大丈夫」と頑張るミウの姿は、すこしばかり疲れた様子で心配する美心だったが……?
(裏表紙粗筋より)
既刊:ぼくラはミンナ生きテイル!(1巻)感想

獣少女達と天真爛漫ボクっ娘のほんのり百合風味な獣人ファンタジー「ぼくラはミンナ生きテイル!」第2巻!
2巻には、謎だらの嘘つき少女「因幡ウサギ」の登場(6話)、文化祭前後編(7・8話)、美心の姉捜し(9話)、風邪引きとミウの元飼い主の話(10話)+番外編2話が収録されています。

新キャラの無表情ショートカットでどことなく綾○を連想させるウサギちゃん、ほとんど出番はなかったもののビジュアルが可愛すぎたペンギン娘とコウモリ少女、元気な馬少女に1巻から登場している烏の美少女と今回もかわいい獣少女てんこ盛りです。
ぼくラはミンナ生きテイル!(2巻)ミウ
しかし一番は、やっぱりツンデレ猫少女・ミウ!
今回は彼女の元飼い主の話、人へのコンプレックスなども少し明かされました。
ぼくラはミンナ生きテイル!(2巻) ツンデレ
「姉を探す」という目的の元、ひたすら遮二無二頑張っている主人公・美心への、ほんのり百合めいた思いも可愛らしいです。

なおこの漫画は「獣人」漫画ではあるのですが、言動で「獣らしさ」を感じられる場面は少めです。
個人的にそういった「人」と「動物」の違いが感じられる描写が好きなので、そういった部分が少なめなのは残念でした。
しかし、動物から人への思いや、獣人が人に気づかれないよう「異類」として溶け込んで暮らしている描写、そして見え隠れする異類の企みなどは面白かったです。
がっつり獣人ものと思って読むと物足りないかもしれませんが、獣少女と百合が好きな方にはお勧めです。

番外編
ぼくラはミンナ生きテイル!(2巻) 男の娘ニウ
番外編は文化祭幕間のミウとニウの姉弟喧嘩、そして1巻のニウと猫好き少年の話の続編になります。
美心が獣の通う学校で暮らすきっかけになった女装猫耳少年・ニウですが、本編ではほとんど猫の姿で、女装をしているのは番外編だけになります。

と、こう書くと出番が少なそうですが、実際は合計で20ページもある番外編全てで出ずっぱりなので物足りなさはありませんでした。
ぼくラはミンナ生きテイル!(2巻) 男の娘ニウ (1)
特に1巻の続き「ニウと猫好きな少年」は、完全に主人公(男)と男の娘のラブコメになっていて、「女装少年アンソロジー」に掲載されても全く問題がない話になっていて面白かったです。

最新記事
カテゴリ
タグ記事検索
最新コメント
最新トラックバック
リンク
コミ萌evo
コミックや雑誌の感想、イラストなどを書かれています。
アルバニトハルネ紀年図書館
漫画の感想や「花とゆめ」など雑誌に関する記事も書かれています。
気分がのれば?
マンガやアニメの記事、日々の出来事について書かれています。
みのむーのTSFな日記
マンガやゲーム、ドラマなど様々なTSF作品を紹介されています。
TS関連ブログ(仮)
TSFや女装を扱った漫画や小説のレビューブログさん。
TS・女装・入れ替わり作品収集所
TSFや女装を扱った作品を紹介されています。18禁のもの扱われていますので、苦手な方はご注意ください。
女装・女性化作品フォーラム
女装・TSFの情報をまとめているサイトです。
にゅーあきば.こむ
有名なアキバ系ブログさん。広告は18禁多めなので苦手な方はご注意を。
アキバBlog
こちらも有名なアキバ系総合ブログさん。
ばさらブログ
戦国BASARA関連はこちらで更新中。
読書メーター
とのすけの最近読んだ本
月別アーカイブ
プロフィール

とのすけ

Author:とのすけ
マンガ大好きおたくペンギン

ブログ内検索フォーム
ブログサイト

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
全記事表示リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数: